神戸の気候は?季節ごとの過ごし方と対策

暮らし

神戸の気候ってどんなものかな?持ち物や服装など、今度引っ越すときの参考にできるものはある?

そんな声のために、神戸の気候や季節ごとの過ごし方などについて紹介していきましょう。

神戸は北が山、南が海の間に狭い土地が横たわっています。昔から貿易港として栄え、海外の文化を最初に取り入れてきました。

ここでは神戸といえばの六甲おろしについて、また平均気温や湿度、季節ごとの対策について紹介していきます。

神戸は年間を通じて穏やかな気候!

神戸の降水量は、梅雨時期と台風のシーズンで多くなります。しかし台風が上陸することは稀で普段も影響はあまりなく、関西圏でも和歌山や奈良などに比べるとはるかに降水量は少ないでしょう。

従って神戸は、瀬戸内海の海水温や浜風、そしてそびえたつ六甲山のお陰もあり、年間を通じて穏やかな気候と言えます。

最近では夏の暑さは厳しくなっていますが、冬は氷点下になることはほぼなく、気温の上下変化があまり激しくない穏やな気候と言えます。

阪神球団の唄でもお馴染み!六甲おろしとは?

気候としては穏やかなのですが、気をつけなければならないのが「強風」です。

神戸といえば、北側にそびえたつのが六甲山ですよね。六甲には数々の観光スポットがあり、京阪神のレジャーパラダイスとなっています。 

この六甲山から吹き降りる強い風を、六甲おろしといいます。

西高東低の気圧配置になると、西側にある明石市から吹いてくる季節風が山沿いに強く吹き抜けていきます。さらにその風は六甲山頂にぶつかってから勢いをつけて街へと吹き降りてくるのですね。

春は本州の南からくる低気圧による東風が大阪平野から吹きますし、秋は発達した低気圧や台風が原因となる北風が吹き付けます。つまり、夏場以外は基本的に強い風が吹き荒れる、ということを覚えておいてください。

過去には台風と重なりすさまじいばかりの突風となり、船が転覆して死者が出たり、看板が吹き飛んでけが人を何人も出たことがあります。

神戸に引っ越すときには、秋から春にかけて、頻繁に強風が吹くと覚えておいてくださいね。

神戸の平均気温や湿度はどんな感じ?季節ごとの対策とは

では、神戸の平均気温と湿度を紹介していきましょう。

ここ3年ほどの平均気温は次の通りです。東京と比較してみました。

夏場の気温は、東京に比べ1℃~1.5℃ほど高いですが、湿度はまだ低い方ですね。

人間の夏場の適温は25~28度 、湿度は45~60%と言われています。

やはり山と海に挟まれているだけあって、夏場は気温も湿度も高いためにうだるような暑さになりますが、冬は乾燥の心配はさほどないでしょう。

夏場のエアコンは必須!

神戸はコンクリートジャングルともいわれる都会です。そのため特にここ数年の夏場は気温が上昇し、湿度もあるため熱中症の危険があります。

日中35度を超えることも頻繁ですので、自宅にはエアコンを必ず設置するようにしましょう。頼りの六甲おろしも夏場にはほぼ吹きませんので、窓からの風は期待できません。

また神戸にこれから引っ越すという方は、通勤先の会社がクールビスを取り入れているかなども、念のため確認してくださいね。

季節ごとの服装はどんなもの?

神戸およびその周辺で、どの季節にはどんな服装が適しているでしょうか。

次におすすめ例を紹介します。

春(3月~)薄手のセーターもしくは軽めのジャケット
夏(6月~)薄手の服、半そで
秋(9月~)春の服装と同じ程度のもの
冬(12月~)肌着に厚手のセーターやシャツ、ジャケットかコート

また、秋から春は強風も吹くため、手袋やマフラーなどの防寒具はあった方がよいでしょう。

神戸はファッションの街でもあります。季節に応じて素敵でおしゃれな恰好をし、街へ繰り出してください。

神戸っ子は天気の影響を受けやすい!対策は万全に

兵庫県神戸市は瀬戸内海に面し、背後に六甲山という高い山々が連なっていることもあって、気候は比較的穏やかな土地です。

しかし夏場はヒートアイランド現象も起こって蒸し暑くなりますし、秋から春先にかけては六甲おろしと呼ばれる強風に見舞われます。

これから神戸に引っ越す、という方は夏場の熱中症対策のためにエアコンは必ず自宅に設置しましょう。

雨雲が山にぶつかって通り雨となることも多いので、朝は天気予報を確認して傘を持っていくようにしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました